ディプロマ・ポリシー

情報通信工学部

情報通信工学部では、各学科における所定の単位を修得し、情報通信工学分野のスペシャリストとして社会に貢献できる者に「学士(工学)」の学位を授与します。

情報工学科

情報工学科では、数理的な知識体系に基づき、人間の活動に不可欠な「情報」を扱うシステムを創り出すための横断的かつ基盤的な知識と技術を身につけ、多様な分野において応用展開できる人材を育成することを目指しています。そのため、以下の要件を満たした者に卒業資格を与えます。

  1. 情報工学の専門的技術者として自他ともに認める存在となること
  2. 情報工学を必要とする多様な分野において、将来にわたり活躍できること
  3. 高度な知識や技術を自律的かつ意欲的に学ぶことができること
  4. 大学院進学など、高度なキャリアを自ら進んで形成することができること
  5. 先進的で自由な発想に基づき、新たな価値を創出することができること
  6. 他人と協調しつつ己の責任を全うし、社会に貢献することができること


start


  • Cプログラミング

    ハードウェアからソフトウェアに至る基盤的専門知識を応用する上で必要となる,プログラミング能力およびコンピュータ活用能力を体得します

  • 基盤的専門知識を体系的に学ぶ

    数理的な知識を基礎に、ハードウェアからソフトウェアに至る基盤的専門知識を体系的に身に付けます。それにより、情報系の資格取得に十分な専門知識を習得し、これらの知識を応用する上で必要となるプログラミング能力およびコンピュータ […]

  • 卒業研究

    研究プロジェクトに参画し、実践的な問題解決能力、および知的生産活動に不可欠な口頭発表・文章構成の能力を身に付けます。