カリキュラム・ポリシー

本学科では、以下の教育方針を掲げ、それに基づいたカリキュラムにしたがって教育を行っています。

1.学修課題

  1. 数学、システム論、プログラミングを中心とする基礎科目により、工学全体にわたる横断的・基盤的な知識と技術を身に付けます。
  2. 多様な分野にわたる専門科目を学修し、情報工学の豊かな応用力を体得します。
  3. 卒業研究として、具体的な研究プロジェクトに参画し、実践的な問題解決能力、および知的生産活動に不可欠な口頭発表・文章構成の能力を身に付けます。



arrow

2.学修計画

  1. 1・2年次には、数理的な知識を基礎に、ハードウェアからソフトウェアに至る基盤的専門知識を体系的に身に付けます。それにより、情報系の資格取得に十分な専門知識を習得し、これらの知識を応用する上で必要となるプログラミング能力およびコンピュータ活用能力を体得します。そのために、コンピュータの本質的な計算能力や工学的応用の仕組みを演習科目、実験科目で実践的に学びます。
  2. 2年次後期および3・4年次には、情報工学の幅広い応用分野で活躍できるキャリアの土台形成を目指し、基幹分野となる計算機システム分野、情報ネットワーク分野、知的情報処理分野、統計情報解析分野、情報システム分野、メディア情報工学分野の専門知識を網羅するよう幅広い科目を学修します。また、1年から3年次までの一貫した情報工学の実験・演習活動に取り組むことにより、自律的な学習能力と技術者としてのコミュニケーション能力を体得します。
  3. 4年次には、以上の能力の総合演習として、本格的な研究開発プロジェクトである卒業研究に取り組みます。
  4. 以上の取り組みを通して、多様化する社会からのニーズに対して柔軟にキャリア形成していく能力を総合的に体得します。具体的には、卒業後も先進的な技術に対して自律的学習を継続できるような応用力、情報収集能力、問題分析能力を獲得します。

3.進路分野

    本学科の卒業生は、IT 産業をはじめとして製造業から販売業やサービス業に至るまで、あらゆる業種において活躍の場があり、コンピュータシステム技術開発者・ネットワーク設計者(サーバ、クラウド、ネットワークなど)、ハードウェア開発者(組み込みシステムなど)、データベース管理者・データ解析者(データバンク、ビジネス提案、カスタマイズなど)、アプリケーション開発者(市販用、業務用、タブレット・スマートフォン用など)として就職する他、工業・情報分野の教育者の道や大学院への進学などの進路を選択しています。
  • Cプログラミング

    ハードウェアからソフトウェアに至る基盤的専門知識を応用する上で必要となる,プログラミング能力およびコンピュータ活用能力を体得します

  • 基盤的専門知識を体系的に学ぶ

    数理的な知識を基礎に、ハードウェアからソフトウェアに至る基盤的専門知識を体系的に身に付けます。それにより、情報系の資格取得に十分な専門知識を習得し、これらの知識を応用する上で必要となるプログラミング能力およびコンピュータ […]

  • 卒業研究

    研究プロジェクトに参画し、実践的な問題解決能力、および知的生産活動に不可欠な口頭発表・文章構成の能力を身に付けます。