カリキュラム・マップ

情報工学科の教育システムのポイントは三つあります。

1.コア科目と実験科目

    まず、主に1、2年次に配当されているコア科目をしっかり学び、情報工学を修得する上での基礎力を付けます。また、電子基礎実験と情報工学実験では実践的トレーニングを通して、自ら考える力と、考えたことを正確に表現する技法を身につけます。

2.完全自由選択制の専門科目

    3、4年次では豊富に開講されている専門科目群の中から、自由に科目を選択できるシステムがあります。こ れを完全自由選択制と言います。しかし、皆さんの中にはあまりに多くの科目から何を選べばよいかわからなくなってしまう人もいるでしょう。そこで皆さんの 興味や将来の希望進路に応じて大まかに三つに専門科目を分類しました。これを参考に、専門科目を系統的に選択し、情報スペシャリストを目指しましょう。

3.プレゼミと卒業研究

    3年になるとプレゼミが開始され、教員スタッフとマンツーマンで交流する時間が設けられます。4年次の卒業研究では情報スペシャリストに不可欠な研究開発の実践的トレーニングが行われます。


programing

各科目の詳細はこちら→シラバス(大学サイト)



情報工学科カリキュラムフローチャート(PDF版)
course-chart

  • Cプログラミング

    ハードウェアからソフトウェアに至る基盤的専門知識を応用する上で必要となる,プログラミング能力およびコンピュータ活用能力を体得します

  • 基盤的専門知識を体系的に学ぶ

    数理的な知識を基礎に、ハードウェアからソフトウェアに至る基盤的専門知識を体系的に身に付けます。それにより、情報系の資格取得に十分な専門知識を習得し、これらの知識を応用する上で必要となるプログラミング能力およびコンピュータ […]

  • 卒業研究

    研究プロジェクトに参画し、実践的な問題解決能力、および知的生産活動に不可欠な口頭発表・文章構成の能力を身に付けます。